妊娠初期の出血

妊娠初期の出血には様々な原因があります。でもこれらは診察して分かるものです。決して自分で判断せず、病院に電話するか受診するようにしましょう。



サイトトップ > 妊娠初期とは

スポンサードリンク

妊娠初期の出血

妊娠初期とは


妊娠初期とは、最終生理を初日として考え15週までのことをいいます。妊娠初期は、つわりも始まり、母体が徐々に変化するなど、非常にデリケートな時期です。だからと言って安静にする必要はありませんが、お腹に赤ちゃんがいるということを意識して、少し慎重に行動するようにしましょう。


また、妊娠初期には、流産しないか不安に思う人も多いことでしょう。妊娠時の出血は原則的に流産の可能性ありと考え、ぜひ病院へ行くようにしましょう。迷っていて手遅れになっては大変です。特に妊娠初期の流産は、妊娠全体の約10~15%と非常に高いのです。


ほとんどの流産が母体に原因があるわけではなく、胎児側に問題がある場合が多く、気を配って生活していても、出血をして流産してしまう場合が多いものです。また、高齢出産の場合は、出血もしやすく、流産の確率が高くなります。


妊娠中に出血した場合、その量を自分できちんと把握することが大事です。また、出血に気づいたのはいつ頃か、妊娠中期以降なら胎動の有無も確認しましょう。流産や早産など妊娠中の大きなトラブルでなくても、妊娠中は時々腟から出血をすることがあります。それは腟や子宮頸部のびらんや子宮頸管ポリープなどが原因です。


また、痔の出血と勘違いする人もいます。いずれも胎児に影響することはありませんが、出血があった場合はすぐに産婦人科で受診し、原因を確かめた方が良いでしょう。


妊娠初期の出血

MENU



スポンサードリンク